税理士による記帳代行

HOME > サービスメニュー > 税理士による記帳代行

サービスメニュー

税理士による記帳代行


税理士に記帳代行を依頼して事務作業削減を。

 

こういったことに心当たりはありませんか?

 

・領収証がたまる一方だ

・領収証を整理する時間がない

・経理がいないので自分で記帳しなくてはいけない

・会計ソフトを使ったことがないので記帳できない

・会計ソフト入力をする時間がない


1年が終わると決算、申告が必要ですが、
法人税申告書や消費税申告書は 会計帳簿が完成していないと作成できません

会計帳簿を作成することを「記帳」と言います。
「記帳」は、 昔は手書きで会計帳簿を作成していた時代もありますが、
今では会計ソフトに領収証や通帳の取引を入力していくことで行うのが主流です。

会計帳簿を作成していく流れは次の通りです。
1.取引の発生(モノの購入など)
2.領収証や請求書などの証憑書類が残る
3.領収証や請求書を整理する
4.証憑書類を元に会計ソフトに入力する

この流れのうち、3の領収証整理や、4の会計ソフト入力が 日々なされていないと
「決算が近づいているのに何もやってない!」 と焦ってしまうことになります。

取引量が少なかったり、たとえ多くても処理に慣れているのであれば問題ありませんが
そうでない場合は、決算直前で税理士事務所に駆け込む、なんてことになってしまいます。

直前にまとめてでも処理して、申告が間に合えば問題ない!
と考えている方も多いですが、それではデメリットが多いんです。

例えば
・1年でどれだけ利益が出たのかが把握できないので、
  税金がどのくらいかかるかが計算するまでわからない

・月々でどれだけ儲かったのかを把握できないので、
  今月がよかったのか悪かったのかを判断できず、
  今後、どうしていくべきかの経営判断が遅れる
など

逆に、税理士に記帳を代行してもらえば、以下のようなメリットがあります。

記帳代行を税理士に依頼すること得られるメリット

 

・自社で会計ソフトに入力しなくてよいので、入力の時間が省ける
・経理の事務員を雇わなくてよくなるので経費削減につながる
・仕訳のやり方がわからなくて自分で調べるということがなくなり負担が減る
・自社で行って会計処理を誤ると税務調査で修正させられるが、そのリスクが減る
・事務作業の時間が減るため、経営に関することに時間を割ける
・月々で記帳をしっかり行うことで月々の儲けが把握でき、今後の対策が立てやすい
・月々の営業成績が数字で目に見える形で表れるため、わかりやすい
・資料を税理士事務所に提出して、後は待つだけで処理が終わるので


当事務所の記帳代行サービスは、
税理士顧問契約を結んでいただいた方で 月々の記帳も依頼したいという方にご利用いただいております。

税理士による記帳代行料金

 

料金は、月200仕訳までの場合、月1万円~です。

ただし、開業初年度のお客様前期の売上が1000万円以下のお客様については
記帳代行料は無料とさせていただきます。

この機会に、税理士に記帳代行を依頼し、事務負担の削減をしてみませんか?

お問い合せ・お見積り どのような些細なお悩みでも大丈夫!お気軽にご相談ください 0120-459-758(シンコクナゴヤ)営業時間 月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ