創業融資・資金調達

HOME > 創業融資・資金調達

創業融資・資金調達

これから起業を考え会社設立を行って開業しようという場合、
手許資金が不足していれば当然資金調達を考えなければなりません。
ではどのような資金調達の手段があるのでしょうか。
一番に思いつくのは助成金、融資、その他の手段として補助金・
知人・親兄弟からの借入という方法もあります。
ここでは、創業時に考え得る融資や資金調達について考えてみたい
と思います。

様々な資金調達の方法がある中で、あなたならどのような方法を選択しますか?
何を優先すべきなのでしょう?順を追ってみていきます。

現在、助成金は開業時に受けられるものが次々と廃止されており、現在創業時の助成金で残っているものは条件が非常に厳しく、特に一人で起業する場合は、融資条件に該当することが限られてきます。
特殊な業種であれば補助金制度が存在する場合もありますが、補助金は受けられる条件がさらに厳しく、業種も限られるので、一般的ではありません。

プロパー融資とは、信用保証協会などの第三者機関による信用保証を受けずに直接民間銀行から融資を受けることをいいます。
しかし、実績のない起業段階からプロパー融資を受けることは非常に困難なのは言うまでもありません。
しかも、金利が高いので起業当初から借り入れるにはリスクを伴います。

創業時の借り入れでおススメなのが日本政策金融公庫からの融資や信用保証協会を利用した自治体融資です。特に日本政策金融公庫の融資はそれほど時間がかからず、創業者向けの融資制度もあるのでまずは日本政策金融公庫の融資獲得に向けた対策を取るべきだと思います。

日本政策金融公庫や自治体融資は融資の条件が民間金融機関等に比べて甘いのが実状です。
しかし、その条件の甘い金融機関で融資を受けれないとなると他の金融機関でも融資を受けられないでしょう。
そこで、スムーズかつ少しでも多くの融資を受けるために、しっかりとした創業融資計画書・事業計画書をつくらなければなりません。
しかし、融資計画書や事業計画書をしっかり作りこむにはかなりの時間と労力がかかります。
そこで、こういった面倒で時間のかかる仕事を公認会計士・税理士に任せてみませんか?
時間をかけずにしっかり融資を勝ち取ります!

お問い合せ・お見積り どのような些細なお悩みでも大丈夫!お気軽にご相談ください 0120-459-758(シンコクナゴヤ)営業時間 月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ