ビジョンがない会社は衰退する?!

HOME > コラム > ビジョンがない会社は衰退する?!

コラム

ビジョンがない会社は衰退する?!


みなさんは会社の社長として、
何のために日々仕事をしていますか?

目標を達成するため?

では目標とは?
売上?利益?給料?
各自それぞれだと思います。

その年、その年で目標は何らかの目標は立てていることかと思います。

ではその目標は達成できているでしょうか?
達成に近づいているでしょうか?

日々、目の前のことに追われ、
社長が「職人」となって業務をひたすらこなすことになっていませんか?

会社をやる以上、
売上を増やして粗利を増やさなければいけません。

利益を稼がなければいけません。
稼げばつぶれない会社になります。
逆を言えば、稼げなければつぶれてしまいます。

売上が横ばい、あるいは減少傾向にあれば利益も減ります。
それが続けば次第に衰退していきます。

現状維持だから、まあいいや、と思っていますか?

「現状維持は衰退なり」と、東京の会計事務所の先生は言っています。

経営は、「経営者の器」で決まります。
ではどうやったら現状を脱却して成長していけるのか?

それにはまず、「将来のビジョン」を描くことが必要です。
将来目指したい理想像、といった方がわかりやすいでしょうか。

理想像を明確にすれば、現状とのギャップも明確になります。
このギャップを認識することが重要なのです。

普段の過ごし方をしていては見えないギャップが視覚化されることで
何を優先的にやらなければいけないのか、
いつまでにやらなければいけないのか
どのようにやればいいのかが見えてきます。

逆にビジョンを描かないまま、日々忙しくしていると
目の前のことだけしか見えませんので
いつまでたっても成長はありません。

成長している会社を見ていると、
必ずと言っていいほどビジョンが明確になっています。

1年後、3年後、10年後、自分は、会社はどうなっていたいのか?
そこへ近づくためにはどのような行動をとればいいのか?

経営が上手な社長は自然とこれができています。
多分意識はしていないのでしょうが。

実際に考える時間を取ってビジョンを構築し、
さらにはどのような行動をとっていけばビジョンに近づくのか
その具体的な行動プランまで作成することが
何よりも優先してやるべきことなのではないでしょうか。

現状維持は衰退なり。

この名言を実現したくない方は
是非、ビジョンの構築を検討してみてください。

お問い合せ・お見積り どのような些細なお悩みでも大丈夫!お気軽にご相談ください 0120-459-758(シンコクナゴヤ)営業時間 月~金 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ